■ DXに最適化されたノーコードソリューション

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックによってすべての企業や機関が生き残り戦略に取り組んでいるデジタル変革には、既存の開発者だけでは必要なすべてのアプリが作れません。


そのため、「スマートメーカー」を導入して、実務担当者が自分の業務処理用アプリを作るノーコーディング体制に転換する現象が加速化しています。

新型コロナウイルスのパンデミック以降急変した顧客の要求と市場環境に対応して生き残るために、今すべての企業及び機関でデジタル変革(DX)という経営革新活動を展開しています。

 デジタル変革とノーコードソリューション

 デジタル変革の三段階推進戦略

1
2
3

「スマートメーカー」がDX推進に脚光を浴びる理由

DX推進の必須手段

スマートメーカー

■ 特に、従来の事業をそのまま運営し、当面の問題を解決する一方で、デ
    ジタル変革という革新活動を進めざるを得ません。 そこで、組織メンバー全
    員が喜んで参加できるように雰囲気を造成する変化管理が非常に重要
    で、彼ら全員が直接使用してデジタル化作業を遂行できるツールとして、ノ
    ーコードソリューションが必須要素になるのです。 



 JavaとC言語などのように実装する対象には制約がない。


 アプリのUI/UX表現の自由度が非常に高い。


 パワーポイントのように簡単に1~2日以内に慣れる。


 ノーコードでアプリとWebの両方を制作できる。


 Android、iOS用アプリを一度に製作できる。


 複雑な実務用アプリを非専攻者たちも作ることができる。


 Webコンテンツ、デジタルブックまでノーコード制作が可能である。


 既存の基幹系システムとの連携もノーコードで行う。


 制作されたアプリのメンテナンスまでノーコードでできる。

業務プロセスやコミュニケーション媒体のデジタル化作業

(図式で表示し、詳細説明項目を追加)

DXは最新のICT技術を活用して、全社的なデジタル化を進める革新活動です。 業務方式及び処理手続きから経営戦略と組織文化まで変わるようになります。 そのため、従来のように少数のソフトウェア技術者や外部委託だけでは、必要なアプリをすべて調達することはできません。それで現業実務者が自分の業務と関連アプリを直接作って使う、ノーコード時代が開かれたのです。 

既存のソフトウェア技術人材は、基幹系システムの運営とメンテナンス業務を担当すると同時に、実務の部署で開発したポイントシステムと連携及び統合作業も大幅に増加しており、以前のコーディング作業方式では手に負えなくなります。 したがって、DX推進はまずノーコードソリューションから導入し、現業の実務者全員が参加して、全社を挙げて推進してこそ成功できます。 

「スマートメーカー」ソリューションはJavaとC言語のように実装対象に制約がなく、UI/UX表現の自由度が非常に高く、非専攻実務者まで直接業務処理用アプリを制作·運用できる、事実上唯一の技術だと言えます。 そのため、デジタル変革(DX)推進における必須ソリューションとして脚光を浴びています。

■ DX推進において、最も重要な先行作業は、既存のプロセスとコンテンツす
    べてをデジタル化することです。 その作業は、数多くのアプリを作り出す過
    程で、多大な努力と時間がかかります。 そのため、社内少数のIT専門人
    材や外部委託だけでは解決できません。 したがって、該当分野の知識とノ
    ウハウを保有しており、DX以降構築されたシステムで実際に業務を処理し
    なければならない現業部門の担当者が直接参加して遂行するしかありま
    せん。   

組織とシステムをデジタル体制に合わせて変化させる活動

ビジネスモデル、経営戦略、組織文化まで革新する活動

biz_partner@smartmaker.com
050-3557-7060
user_service@smartmaker.com
050-3718-7060
MyPage